西野家住宅新蔵・中蔵・大蔵 にしのけじゅうたくしんぐら・なかぐら・おおぐら

住居建築 / 明治 / 中部 

福井県
明治/1889頃/1926~1945増築、1993改修
土蔵造2階建、鋼板葺、建築面積154㎡
1棟
福井県越前市定友町4字福岡8-1
登録年月日:20170628
登録有形文化財(建造物)

敷地北西で東面する。梁間三間で、北四間の大蔵と、南五間の新蔵を一間半の中蔵で繋ぐ。東面全面に下屋を付ける。大蔵の扉口は、土戸・板戸・格子戸を吊る重厚な造りで、新蔵、中蔵ともに黒漆喰を用いて正面を飾り、敷地景観を形成する。

作品所在地の地図

関連リンク

西野家住宅新蔵・中蔵・大蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ページトップへ