西野家住宅蚊帳蔵・味噌蔵・紙蔵 にしのけじゅうたくかやぐら・みそぐら・かみぐら

住居建築 / 江戸 / 中部 

福井県
江戸/1830~1868/1925頃増築
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積218㎡
1棟
福井県越前市定友町4字福岡8-1
登録年月日:20170628
登録有形文化財(建造物)

敷地南東で主屋に面して建つ。梁間四間で、桁行東三間の蚊帳蔵と中央二間の味噌蔵は一連の切妻屋根で、西六間の紙蔵は増築で棟を一段高くする。北面全面に下屋を付け、扉枠に家紋や社標を飾る。内部は真壁で、小屋は登梁とする。屋敷の拡充過程を示す大型の土蔵。

作品所在地の地図

関連リンク

西野家住宅蚊帳蔵・味噌蔵・紙蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西野家住宅新蔵・中蔵・大蔵
小原家住宅米蔵
小林家住宅北蔵(味噌蔵・文庫蔵)
西野家住宅主屋
旧山田家住宅六間蔵及び二間蔵
ページトップへ