多田家住宅離れ及び渡廊下 ただけじゅうたくはなれおよびわたりろうか

住居建築 / 明治 / 九州 

福岡県
明治/1902
木造平屋建、瓦葺、建築面積100㎡
1棟
福岡県朝倉郡筑前町森山字耳取417-1
登録年月日:20130329
登録有形文化財(建造物)

主屋南東隅から敷地南辺沿いに渡廊下をのばし、太鼓橋を介して離れに接続する。離れは木造平屋建、寄棟造桟瓦葺で、庭側は縁高欄を廻らし、南面は広縁から集落を見晴らす。主室の座敷飾りに銘木を用い、軒は垂木を扇に配るなど、瀟洒で開放的なつくりの離れ。

作品所在地の地図

関連リンク

多田家住宅離れ及び渡廊下チェックした作品をもとに関連する作品を探す

多田家住宅器蔵
多田家住宅主屋
多田家住宅隠居屋
多田家住宅納屋
多田家住宅材木蔵
ページトップへ