文化遺産オンライン

真殿・門前古墳群出土遺物

まとの・もんぜんこふんぐんしゅつどいぶつ

概要

真殿・門前古墳群出土遺物

まとの・もんぜんこふんぐんしゅつどいぶつ

考古資料 / 古墳 / 兵庫県

兵庫県赤穂市真殿 出土

古墳時代後期

赤穂市立有年考古館

赤穂市

赤穂市指定有形文化財(有年考古館収蔵考古資料)

 真殿・門前古墳群は、兵庫県赤穂市真殿に位置し、丘陵裾に5基以上の古墳が点在している。古墳時代後期の古墳群と考えられ、いずれも横穴式石室を持つ小規模な円墳からなる。
 6~7世紀代の遺物が出土しており、典型的な後期群集墳である。

真殿・門前古墳群出土遺物をもっと見る

赤穂市立有年考古館をもっと見る

キーワード

赤穂 / / 考古 / 遺物

関連作品

チェックした関連作品の検索