金銅三鈷杵 金銅独鈷杵  附 『由緒書』 木製木瓜型厨子 こんどうさんこしょ こんどうとっこしょ  つけたり『ゆいしょがき』 もくせいもっこうがたずし

その他の画像全4枚中4枚表示

金工 / 平安  鎌倉 / 近畿 

金銅三鈷杵 平安時代後期から鎌倉時代初頭  金銅独鈷杵 鎌倉時代
金銅三鈷杵 総体一鋳の金銅製(銅鋳製鍍金)。把部は,円形(二重瞼)の鬼目を配し,蓮弁帯を3本の約条で締める。三鈷の一方は中途より欠失する。鈷面に匙面は認められない。/金銅…
金銅三鈷杵 総長14.9㎝ 金銅独鈷杵 総長15.7㎝  附 『由緒書』 縦31.7㎝×横50.0㎝ 木製木瓜型厨子 厨子高34.7㎝
金銅三鈷杵 1口  金銅独鈷杵 1口  附 『由緒書』1巻 木製木瓜型厨子 1基
京都市指定
指定年月日:20140331
有形文化財(美術工芸品)

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

金銅三鈷杵 金銅独鈷杵  附 『由緒書』 木製木瓜型厨子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

独鈷杵
金銅宝珠杵
金銅三鈷杵
金銅独鈷杵
金銅五種鈴のうち 金銅独鈷鈴・金銅三鈷鈴・金銅宝珠鈴
ページトップへ