旧新町紡績所 機関室 きゅうしんまちぼうせきじょ きかんしつ

その他の画像全3枚中3枚表示

近代その他 / 江戸 / 関東 

群馬県
明治/1898
煉瓦造、建築面積414.21㎡、一部地下一階、鉄板葺、北面倉庫附属、木造、建築面積70.59㎡、桟瓦葺
1棟
群馬県高崎市新町二三三〇番地
重文指定年月日:20150708
国宝指定年月日:
クラシエフーズ株式会社
重要文化財

旧新町紡績所は富岡製糸場から5年後の明治10年に明治政府が設立した絹糸紡績工場である。佐々木長淳を総括とし,ドイツ人の指導を受けながら大工の山添喜三郎ら日本人の手で建設された。明治42年まで操業を続け,その間工場の増築や建物の新築が図られてきた。工場本館のコの字形切妻造屋根部は官営期工場部で,独特なトラスなどに洋風建築の技術と日本在来の技術の併用が見られる。鋸屋根の増築部,煉瓦造の機関室や倉庫は,明治期の紡績工場の発展形態を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

旧新町紡績所 機関室チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧新町紡績所 工場本館
旧新町紡績所 修繕場
旧新町紡績所 倉庫
旧新町紡績所 二階家煉瓦庫
旧新町紡績所
ページトップへ