文化遺産オンライン

木造伎楽面

もくぞうぎがくめん

作品概要

木造伎楽面

もくぞうぎがくめん

木像 / 奈良 / 関東

東京都

奈良

1面

東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:20140821
国宝指定年月日:
登録年月日:

国(文化庁)

国宝・重要文化財(美術品)

ペルシャ人の従者である酔胡従の面で漆塗りの上に彩色する技法や眼の孔を刳り直して拡げる特徴から、天平勝宝4年(752)の東大寺大仏開眼供養会に用いられた面とみられる。大づかみで力強い作風は代表的な伎楽面作者の一人、基永師の特徴を示している。

木造伎楽面をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

伎楽 / 乾漆 / / 東大寺

関連作品

チェックした関連作品の検索