真宗大谷派茨木別院鐘楼 しんしゅうおおたにはいばらきべついんしょうろう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

大阪府
江戸/1661~1751
木造、瓦葺、面積8.8㎡
1棟
大阪府茨木市別院町3-31
登録年月日:20161129
宗教法人茨木別院
登録有形文化財(建造物)

本堂南東側に位置し、花崗岩を精緻に積む基壇上に南北棟で建つ吹放ち形式の鐘楼で切妻造本瓦葺。軸部は石製礎盤に几帳面取角柱を立て、三斗を組む。妻飾は虹梁蟇股で、大梁端部が蟇股を貫いて波紋の木鼻となる独特な造形をもつ。街路からの景観に寄与する。

作品所在地の地図

関連リンク

真宗大谷派茨木別院鐘楼チェックした作品をもとに関連する作品を探す

上宮寺鐘楼
真宗大谷派茨木別院本堂
西教寺手水屋
上善寺鐘楼
萩原寺鐘楼
ページトップへ