大山寺本堂 だいせんじほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

鳥取県
昭和中/1951
木造平屋建、銅板葺、建築面積251㎡
1棟
鳥取県西伯郡大山町大山字中門院谷9
登録年月日:20171027
登録有形文化財(建造物)

木造、正面五間側面六間、宝形造銅板葺、向拝三間正面唐破風付。内部は外陣、内陣、脇陣、後陣からなり、後陣の前より須弥壇を構え内々陣とする。中世寺院の構成を継承しつつ、意匠性豊かな彫刻を用いるなど近代的な要素が加わり、近代寺院建築の好例。

作品所在地の地図

関連リンク

大山寺本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大山寺鐘楼
定福寺本堂
大山寺本堂
摩尼寺本堂
楊柳寺本堂
ページトップへ