柳沢家のアサダ やなぎさわけのあさだ

天然記念物 

現在周囲の木を伐採したことで日当たりもよく、樹勢は良好との診断である。
階上町指定
指定年月日:20170327
記念物

このアサダは栁沢家の敷地の一角に樹勢している巨木で、樹齢はおよそ200年と推定されている。アサダは山地に生える落葉高木。通常、他の落葉広葉樹に混じって散生し、群生することはほとんど無い。北海道から鹿児島県まで分布しているが、主に北海道の十勝・日高地方に多い。
このアサダの巨木は、樹皮に特徴があり、暗褐色または灰褐色で、浅く縦に裂け、不規則な割れ目ができている。粗い長い鱗片になって剥がれるため特異な外観となっている。全国でも個体数が少なく貴重な巨木である。柳沢さんの話では樹木の中央部には空洞があり、近所の子どもたちと穴にはいり遊んでいたという。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

柳沢家のアサダチェックした作品をもとに関連する作品を探す

太田の大トチノキ
本遠寺の大クスノキ
赤羽根大師のエノキ
東京都利島村指定文化財 指定保存樹木 オオモミジ
小黒川のミズナラ
ページトップへ