白石家住宅呉服蔵 しらいしけじゅうたくごふくぐら

住居建築 / 明治 / 中国・四国 

山口県
明治/1888
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積49㎡
1棟
山口県防府市宮市町311他
登録年月日:
登録有形文化財(建造物)

主屋後方西寄りに南北棟で建つ。土蔵造二階建、切妻造桟瓦葺で、外壁漆喰塗で鉢巻と水切を廻し、東面北寄りに戸口を設けて下屋を付す。小屋は八角断面の梁に角材の梁を重ね、桁を受ける独特な形式の和小屋を組む。呉服商の営みの一端を伝える附属建物である。

関連リンク

白石家住宅呉服蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白石家住宅道具蔵及び食物蔵
染谷家住宅文庫蔵
瀬戸家住宅穀蔵
染谷家住宅前蔵
倉員家住宅土蔵
ページトップへ