里見八犬伝 荒芽山音音の庵の段

明治 

歌川芳滝
明治7/1874
<判組>中判横5枚続

上方役者絵。大坂筑後芝居上演の「当戌歳里見繁栄」の音音の庵の段。庵の住人曳手(嵐三右衛門)と妹ひとよ(実川勇次郎)に再会した曳手の夫十条力二(中村福助)とひとよの夫十条尺八(実川延三郎)。庵を訪ねた道節(実川延若)と荘助(嵐璃寛)を描く。

作品所在地の地図

関連リンク

里見八犬伝 荒芽山音音の庵の段チェックした作品をもとに関連する作品を探す

里見八犬伝 毛野・道節・引手・元藤
里見八犬伝 犬坂毛野と蜑崎照文
里見八犬伝 荒芽山の段
里見八犬伝 荒芽山の音音の庵
里見八犬伝 芳流閣
里見八犬伝 芳流閣

初代木下広信

ページトップへ