文化遺産オンライン

見立半托迦(龍を出す美人)

みたてはんだか りゅう だ びじん

作品概要

見立半托迦(龍を出す美人)

みたてはんだか りゅう だ びじん

絵画 / 江戸

鈴木春信筆

江戸時代・18世紀

中判 錦絵

1枚

瓶から龍を出すという神通力をみせた半托迦(はんたか)という羅漢を美人に変えて描いたもの。江戸時代には、今の年賀状のように元旦に摺り物を交換する習慣があり、これもそうした歳旦摺物のひとつ。昇って行く龍の姿は縁起がいいと喜ばれたのだろう。

見立半托迦(龍を出す美人)をもっと見る

鈴木春信筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

春信 / Suzuki / Harunobu / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索