瀧口家住宅客殿及び渡廊下 たきぐちけじゅうたくきゃくでんおよびわたりろうか

住居建築 / 大正 / 中国・四国 

広島県
大正/1926
客殿 木造平屋建、瓦葺、建築面積113㎡ 渡り廊下 木造平屋建、瓦葺、建築面積22㎡
1棟
広島県庄原市春田町字岩見1-1
登録年月日:20180327
登録有形文化財(建造物)

主屋の西方に渡廊下で接続する。渡廊下は中央の壁で南北に分かれ、北は客室となる座敷へ、南は主人の書斎や便所へ繋がる。座敷は良材を用い、戸袋まで意匠を凝らす。客殿は平屋建であるが建ちが高く、入母屋造の屋根に鯱瓦を載せ、重厚な外観をみせる。

作品所在地の地図

関連リンク

瀧口家住宅客殿及び渡廊下チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瀧口家住宅主屋
瀧口家住宅中門及び袖塀
瀧口家住宅納戸
妙教寺客殿及び庫裏
金光教教学研究所客殿付属舎
ページトップへ