料亭河文新用亭及び渡廊下 りょうていかわぶんしんようていおよびわたりろうか

その他の画像全3枚中3枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 中部 

愛知県
昭和中/1950-1952
木造平屋建、瓦葺、建築面積63㎡、渡廊下 木造平屋建、瓦葺、建築面積52㎡
1棟
愛知県名古屋市中区丸の内2-12-19
登録年月日:20050209
株式会社河文
登録有形文化財(建造物)

主屋北に建つ離れ。平屋建,入母屋造,桟瓦葺で,10畳の座敷と5畳の鞘の間を南北に並べ,南・東・北3方に広縁を廻らす。南西に接続する渡廊下は,両下造,化粧屋根裏で,床は中央畳敷,両側板張とする。木柄の細い瀟洒な構えでくつろいだ接客空間を造る。

作品所在地の地図

関連リンク

料亭河文新用亭及び渡廊下チェックした作品をもとに関連する作品を探す

料亭河文用々亭
旧磯部家住宅裏座敷
料亭河文主屋
有隣荘離れ
太田家住宅新建
ページトップへ