Sechuubotanzu

雪中牡丹図

Details

Sechuubotanzu

雪中牡丹図

江戸 / 和歌山県

徳川治宝 (1771~1852)

とくがわはるとみ

江戸時代後期

紙本著色

40.4×24.8㎝

一幅

和歌山市湊本町3‐2

和歌山市立博物館

紀州藩十代藩主・徳川治宝(1771~1852)が描いた牡丹の図。雪の重みに耐えつつも色鮮やかに咲く牡丹を描いている。本図は治宝が「従三位(じゅさんみ)」の官位にあった天明3年~文化13年(1783~1816) の間に制作されたもの。治宝は、文化・芸術面に優れた功績を残したことで知られる。

Search by Sechuubotanzu

Search by 徳川治宝

Search by 和歌山市立博物館

Keywords

/ 描く / Edo / 絵画

Related Works

Search items related to work chosen