大日本金龍山之図 だいにほんきんりゅうざんのず

亜欧堂田善
でんぜん
江戸時代、19世紀初期
銅版筆彩
26.0×53.4
1面

亜欧堂田善(1748〜1822)は、本名を永田善吉と称し、陸奥国岩瀬郡(今の福島県)須賀川で紺屋(もしくは商家)を営んでました。伝えるところによると、この善吉は寝食よりも絵を描くことが好きで、その才能を領主の松平定信に認められ、谷文晁の弟子として取り立てられ、「亜欧堂田善」という名前を定信から与えられたとのこと。松平定信はかねてより銅版画の国産化を願ってましたが、司馬江漢の銅版術については「細密ならず」と落胆し、かわりに田善の技量に期待し物心両面から支援したと思われます。期待に違わず田善は、世界地図や医学書で堅実な描画力を発揮する一方、風景画では従来の浮世絵や江漢の銅版画とは異なり、「画家目線」を活かした現実感あふれる作品を多数描きました。精度の高い線描集積と、幾何学的に構築された空間の中に、デフォルメの効いたユーモラスな点景人物を配するなど、律義さと機知に富んだその表現は、歌川国芳などの浮世版画や上方の銅版画にも影響を与えました。
観音信仰で古くから信仰を集めていた浅草寺の伽藍主要部、左から仁王門・本堂・五重塔周辺のにぎわいを描いた本図は、江戸時代の鑑賞用銅版画として最大級の作品で、江戸風景を得意とした田善の銅版画のなかでも「特大型」に分類されるものです。的確な描線で描きこまれた密度の高い画面が構成され、遠近法や陰影表現もうまく消化されており、職人的芸術家(アルチザン)ともいわれる田善の円熟した技量をよく示しています。ここに描かれている景観は、当時の実際の浅草寺のそれとは異なる部分があります。たとえば、実際に仁王門右前方に鎮座する勢至・観音二躯の座像は、本図では一躯の如来座像に描き換えられています。また、仁王門の左右から境内は煉塀で隔てられていて、伽藍をこのように一望することは不可能でした。おそらく本図は「ゼルマにや廓中図」などと組の作品として制作されたもので、西洋の公共広場に匹敵する伽藍風景に仕立てるために、実景に改変を加えた描写をあえて行ったものと考えられます。

【名品2019】【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

大日本金龍山之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二州橋夏夜図(小形江戸名勝図シリーズ)
ゼルマニヤ廓中之図
ゼルマニヤ廓中之図

亜欧堂田善

東都名所全図(小形江戸名勝図シリーズ)
愛宕山眺望之図(小形江戸名勝図シリーズ)
自斜橋聖堂眺望之図(小形江戸名勝図シリーズ)
ページトップへ