吹きガラス仙盞瓶 ふきがらすせんさんびん

ネーデルラント製(ファソン・ド・ヴニーズ)か
ネーデルラントセイ(ファソン・ド・ヴニーズ)カ
16世紀後期、江戸時代に輸入
鉛ガラス
総高21.8 胴径13.2
1点

底をシノギ状にした胴部に、細い装飾的な注ぎ口と首の装飾とつなげたハンドルを熔着している。底は古くに破損したため、木製に溜め塗りを施した補修が日本で行われている。
もとは裾広がりのガラスのフット(底部)があったのだろう。黒味を帯びた素地、全体に小さな気泡が見られ、ヴェネツィアのクリスタッロの素地ではなく、ヴェネツィアの影響を受けてネーデルラントで作られた「ファソン・ド・ヴニーズ(ヴェネツィアン・グラスの流れをくむ高級ガラス器)」と推測される。収納箱に「ひいとろ せんさんびん ふた堆朱」と墨書があり、もとは堆朱の蓋(栓)があったことをうかがわせる。仙盞瓶(せんさんびん)とは、酒や水を入れるイスラム風の器形をもつ中国磁器の水注のこと。収納箱や台部の補修の古さから見て、オランダからの江戸時代の輸入であることは確かである。伝世品で17世紀後期まで上がるヨーロッパ製のガラス資料は極めて少なく、ファソン・ド・ヴニーズとしては曼殊院の脚付杯と並んで日本最古の「渡り」のガラスと思われる。

【名品2019】【びいどろ・ぎやまん・ガラス】

作品所在地の地図

関連リンク

吹きガラス仙盞瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

グラヴュール紋章文蓋付ガラス大杯(ポカール)
グラヴュール紋章文蓋付ガラス大杯(ポカール)

イギリスあるいはオランダ製(イギリス製ガラス器にオランダで加飾か)

ぎやまん彫り鴛鴦草花文台付ガラス杯
グラヴュール若葉文ガラス杯
グラヴュール若葉文ガラス杯

製作者不詳/アイルランド製

ダイヤモンド線刻獅子文ガラスビーカー
ダイヤモンド線刻獅子文ガラスビーカー

製作者不詳/ネーデルラント製

切子銅紅被せガラス鉢(薩摩系)
切子銅紅被せガラス鉢(薩摩系)

宮垣秀次郎か/日本製

ページトップへ