白磁獅子宝珠文八角香炉 はくじししほうじゅもんはっかくこうろ

陶磁 /  

中国・定窯
北宋時代・11世紀
磁製
高7.7 口径10.0
1口

八角のそれぞれの面に窓を切り、人物や獅子の文様を陽刻で表わしています。五代から北宋にかけて、定窯では器面に流麗な彫文様を施すことが主流となりますが、本作品のように型押しや貼花の技法を用いて立体的な装飾を施したものは珍しく、貴重な例といえます。

作品所在地の地図

関連リンク

白磁獅子宝珠文八角香炉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ページトップへ