大多和家住宅長屋門 おおたわけじゅうたくながやもん

住居建築 / 江戸 / 関東 

千葉県
江戸/1830~1868
木造平屋建、茅葺(金属板仮葺)、建築面積99㎡
1棟
千葉県長生郡白子町関字山中3881
登録年月日:20181102
株式会社スリーピングトーキョー
登録有形文化財(建造物)

敷地の前面中央に南面して建つ。東西棟の寄棟造鉄板葺で、四周を出桁造の一軒とし、背面に下屋を設け、中央間を門口とする。左右の室は北面に出入口を設け、床を板敷、根太天井として小屋裏を物置とする。豪壮な表門で、風格ある表構えの核をなしている。

関連リンク

大多和家住宅長屋門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大多和家住宅穀蔵
染谷家住宅長屋門
大多和家住宅主屋
小﨑家住宅長屋門
齋藤家住宅長屋門
ページトップへ