大多和家住宅主屋 おおたわけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 江戸 / 関東 

千葉県
江戸/1830~1868
木造平屋建、茅葺(金属板仮葺)、建築面積273㎡
1棟
千葉県長生郡白子町関字山中3881
登録年月日:20181102
株式会社スリーピングトーキョー
登録有形文化財(建造物)

九十九里平野中ほどにある集落の名主宅で、主屋は敷地中央に南面して建つ。寄棟造茅葺(鉄板仮葺)。東に土間、土間沿いの表に広間を配し、西端を続き間として正面に入母屋玄関を出し、奥に座敷を設ける。伝統的な民家の特色を備え、集落景観の核となっている。

関連リンク

大多和家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊藤家住宅主屋
旧北澤家住宅主屋
武田家住宅主屋
常松家住宅主屋
和田家住宅主屋
ページトップへ