臨石鼓文軸 りんせっこぶんじく

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 近現代 / 中国 

呉昌碩筆
制作地:中国
中華民国14年(1925)
紙本墨書
(本紙)(各)縦140.4 横69.4
2幅

没する2年前、82歳の呉昌碩が石鼓の第九鼓を臨書した作。朱孝臧がこの作を見て、後漢の嵩山少室石闕銘(すうざんしょうしつせっけつめい)の渾穆(こんぼく・大きくて厚みのあること)と、西周の散氏盤(さんしばん)の奇肆(きし・めずらしいのびやかさ)を得ていると評したが信じがたいと記し、言外に自負をほのめかしている。

作品所在地の地図

関連リンク

臨石鼓文軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

臨石鼓文軸
臨石鼓文軸

呉昌碩筆

行書「槐安」軸
行書「槐安」軸

呉昌碩筆

葡萄図軸
葡萄図軸

呉昌碩筆

秋色斕斑図軸
秋色斕斑図軸

呉昌碩筆

篆書八言聯
篆書八言聯

呉昌碩筆

ページトップへ