臨石鼓文軸 りんせっこぶんじく

 / 近現代 / 中国 

呉昌碩筆
制作地:中国
中華民国9年(1920)
紙本墨書
96.0×32.5
1幅

呉昌碩(ごしょうせき)は清末民初期に活躍した上海芸苑の領袖です。生涯にわたって取り組んだ「石鼓文」の臨書は、恣意的なまでの解釈が加えられ、呉の独特の書法を築き上げる実験の場でもあったと言えます。旁を偏よりも高く配置させ、右下がりの横画を用いて平衡を保つなど、原本の文字に動きをもたせつつバランスを崩さない工夫が窺えます。原本の造形への大胆な改変こそが、呉の臨書に対する考えを示しているものと思われます。(160202_t082)

作品所在地の地図

関連リンク

臨石鼓文軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

臨石鼓文軸
臨石鼓文軸

呉昌碩筆

煨芋談禅図軸
煨芋談禅図軸

王震筆

篆書八言聯
篆書八言聯

呉大澂筆

斉雲館印譜
斉雲館印譜

呉昌碩作

臨王羲之思想帖軸
ページトップへ