煨芋談禅図軸 わいうだんぜんずじく

絵画 / 近現代 / 中国 

王震筆
制作地:中国
中華民国時代・民国15年(1926)
紙本着色
(本紙)51.4×40.4
1幅
銘文:五言絶句の後に「丙寅九秋、白龍山人寫」 ; 鈐印「王震小利」 ; 一亭 ; 半偈縁 ; ; 志超鑑賞 ;

王震【おうしん】は、字の一亭で知られ、白龍山人と号し、浙江省呉興の人。呉昌碩【ごしょうせき】の深い影響を受けながら上海で活躍し、その代作もおこないました。ユーモアあふれる絵画を得意とし、親日家としても知られます。本作は上海や京都で活躍した漢学者・長尾雨山【ながおうざん】の箱書きがあります。(110921h_21)

作品所在地の地図

関連リンク

煨芋談禅図軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋色斕斑図軸
秋色斕斑図軸

呉昌碩筆

詩翰(為雨山)
古松瑞雲図(指頭画)
秋林隠居図
秋林隠居図

王紱筆

緑荷図軸
緑荷図軸

張大千筆

ページトップへ