Koshozuiunzu(shitoga)

古松瑞雲図(指頭画)

Details

Koshozuiunzu(shitoga)

古松瑞雲図(指頭画)

絵画 / 中国

制作地:中国

縦:97.7cm 横:131.8cm

1幅

清時代の乾隆年間後期に描かれた大幅の墨松図。筆を用いずに指や爪に墨を付けて描く指頭画(しとうが)であり、生命を宿して蛟のごとく躍動するかのような臨場感に満ちている。筆者の朱嶠(しゅきょう)は指墨に優れた画家で、字(あざな)を赤城(せきじょう)、号を巨山(きょざん)といい、上海の人。清末から民国初期にかけて上海に居住した漢学者の長尾雨山(ながおうざん)(一八六四~一九四二)の旧蔵品である。

Search by Koshozuiunzu(shitoga)

Search by 京都国立博物館

Keywords

/ / / Qing

Related Works

Search items related to work chosen