松林高士図軸 しょうりんこうしず

絵画 /  / 中国 

朱倫瀚筆
制作地:中国
清時代・18世紀
絹本着色
(本紙)157.2×79.1
1幅
銘文:朱倫瀚指頭敬畫 ; 鈐印「朱倫瀚」 ; 朝■染澣 ; 鑑蔵印「臺員林氏定静堂所藏書畫」

朱倫瀚は字を涵斎、亦軒、号を一三といい、歴城(山東省)の人。武官として活躍し、外舅(がいきゅう)にあたる高其佩(こうきはい)に学び、筆の代わりに指で描く指頭画(しとうが)を得意としました。本作も指爪に墨を含ませて描かれたもので、不老長寿を意味する霊芝【れいし】を採る場面が描かれています。(140102_t081)

作品所在地の地図

関連リンク

松林高士図軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋色斕斑図軸
秋色斕斑図軸

呉昌碩筆

竹所図巻
竹所図巻

黄均筆

古松瑞雲図(指頭画)
倣楊補之墨梅図軸
篆書八言聯
篆書八言聯

呉昌碩筆

ページトップへ