山水図冊(全八図) サンスイズサツ(ゼン8ズ)

その他の画像全11枚中11枚表示

絵画 / 中国 

制作地:中国
縦:24.5cm 横:29.6cm
1帖

李師中は字を正甫といい、蝶園を号した。山東高密の人である。乾隆元年(1736)の進士で、官は翰林御史に至っている。山水画を善くし、かつて郷里の近い高鳳翰のために、「皋亭木葉下詩意図」を描き贈っている。また朱文震が当時の著名な文人画家をたたえた画中十哲の一人に数えられる。その名声のわりには、遺品はきわめて少なく、過去の名画家の作風にならった図や、乾隆18年の正月、山西太原で雪に遇い、満山大雪の光景を記念に写した紀遊図を収める本図は彼の代表作というに足る。

作品所在地の地図

関連リンク

山水図冊(全八図)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ほううん寿平魚藻図臨董其昌文賦合璧巻
絹本著色竹裡泉声図〈李士達筆/〉
小倉山房図巻
小倉山房図巻

袁樹筆

寒江独釣図軸
寒江独釣図軸

朱端筆

倣四大家山水図 王原祁筆
ページトップへ