倣四大家山水図 王原祁筆 ホウゲンシタイカサンスイズ

その他の画像全16枚中16枚表示

絵画 / 中国 

制作地:中国
4幅

王原祁(おうげんき、字は茂京、号は麓台、1642-1715)は江蘇太倉の出身で、祖父の王時敏(おうじびん)や王鑑(おうかん)・王きと共に、明末の董其昌(とうきしょう)を継承して清朝山水画の正統をなす四王の1人。 黄公望(こうこうぼう)・呉鎮(ごちん)・倪さん(げいさん)・王蒙(おうもう)の元の四大家にならう本図では、乾筆の擦皴(さっしゅん)を主体に滋潤なせん染をまじえ、墨色中心ながらも、彼の画の特色である明るい色彩感覚を示している。またその構成は、董其昌の主張する“勢”の表現を重視し、軽快な皴法とあいまって律動感に溢れている。

作品所在地の地図

関連リンク

倣四大家山水図 王原祁筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

樹林図
樹林図

王鑑筆

倣王蒙松壑鳴湍図軸
ほう黄公望山水図 王鑑筆
書画合璧冊
書画合璧冊

董其昌筆

ほううん寿平魚藻図臨董其昌文賦合璧巻
ページトップへ