山水図巻 さんすいずかん

その他の画像全7枚中7枚表示

絵画 /  / 中国 

王時敏筆
制作地:中国
清時代・康煕15年(1676)
紙本墨画
30.0×369.5
1巻
銘文:丙辰夏日為水心道兄作 王時敏 ; 王時敏印 ; 奉常神品 ; 叡目存書画印 ; 伯雨珍賞

王時敏は字を遜之、号を烟客、西田主人といい、婁東 【ろうとう】(江蘇省太倉) の人。裕福な家に生まれ、董其昌を学ぶ典雅な文人山水画を完成させ、清代初期の正統派山水流行の祖となりました。王時敏の官名である「奉常」を書した清末の楊峴【ようけん】(1819~96)の題があります。(20150127_t081)

この王時敏と王鑑の作品は、題跋、表装とその題記までもが共通しています。おそらく清末頃に同じ工房でつくられた模作であると考えられます。当時の職人が非常に高い臨模の技術を持っていたことがわかる重要な作例です。

作品所在地の地図

関連リンク

山水図巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

樹林図
樹林図

王鑑筆

倣王翬槎溪芸菊図巻
倣四大家山水図 王原祁筆
江山無尽図巻
江山無尽図巻

伝王翬筆

ほううん寿平魚藻図臨董其昌文賦合璧巻
ページトップへ