文化遺産オンライン

有章院殿霊廟

ゆうしょういんでんれいびょう

作品概要

有章院殿霊廟

ゆうしょういんでんれいびょう

絵画 / 明治

五姓田義松筆

明治時代・19世紀

紙本水彩

31.5×45.0

1面

有章院殿霊廟は7代将軍徳川家継を祀る廟で、芝増上寺境内にあった。二天門、勅額門、拝殿、霊屋、鐘楼などから成る壮麗な建築であったが、第二次大戦の際に空襲で焼失した。義松のこの絵は勅額門を描いている。

五姓田義松は初代芳柳の次男として、父に画を学ぶとともに明治初期にはワーグマンやフォンタネージに師事、さらにフランスへ留学した。帰国後は明治美術会の創立に参加したが、健康に恵まれずその後の作品は少ない。

有章院殿霊廟をもっと見る

五姓田義松筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

霊廟 / 霊屋 / / 有馬

関連作品

チェックした関連作品の検索