裸婦 らふ

絵画 / 明治 

二世 五姓田芳柳筆
明治時代・19世紀
紙・水彩
60.0×43.8
1面

本名倉持子之吉。画家五姓田義松の弟子であったが、義松の父である五姓田芳柳の三女と婚姻を結ぶことにより五姓田家の養子となり、芳柳の名を譲られる。義父芳柳とともに歴史風俗画を中心に制作した。本作は、明治の初々しい女性半裸像の佳作の一つである。

作品所在地の地図

関連リンク

裸婦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

有章院殿霊廟
有章院殿霊廟

五姓田義松筆

五姓田芳柳像
五姓田芳柳像

五姓田義松

両国蜂須賀侯別邸
両国蜂須賀侯別邸

二世 五姓田芳柳

かね子夫人像
かね子夫人像

チャールズ・ワーグマン筆

初代芳柳晩年像
初代芳柳晩年像

五姓田芳柳[二代]

ページトップへ