松田屋ホテル庭園 まつだやほてるていえん

その他の画像全3枚中3枚表示

庭園 / 大正 / 中国・四国 

山口県
大正初期
山口県山口市
登録年月日:20170209
管理団体名:
登録記念物

山口市中央部の湯田温泉に位置する,温泉宿に造られた庭園である。松田屋ホテルは延宝3年(1675)に松田屋旅館として創業し,幕末には志士達が逗留したことでも知られる。
現在敷地には,庭園に面して北から萩の間棟(はぎのまとう),山縣有朋命名の快活楼(かいかつろう),伊藤博文命名の群巒閣(ぐんらんかく)の3棟の建物が並んで建つが,いずれも明治から大正時代にかけて造られたもので,これらの建物の配置は現在も変わっていない。古写真等から庭園もこの時期に整備されたと考えられ,当初の基本的な地割が現在までよく保存されている。
庭園は快活楼,群巒閣等の建物の東側に広がり,高さ約4mの三段の滝,緩やかに蛇行する流れ,池泉等が造られている。水辺の護岸は低めの石が組まれ,随所に雪見燈籠・山燈籠等の石燈籠を配置する。流れや池泉には石橋,木橋が架かるほか,沢飛石も打たれ,園内を歩いて回ることができる。
松田屋ホテル庭園は,大正期に整備された当時の状態を現在までよく伝え,山口県の造園文化の発展に寄与した意義深い事例である。

作品所在地の地図

関連リンク

松田屋ホテル庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水園庭園
曽根氏庭園(磁叟庵庭園)
小河氏庭園
旧龍性院庭園
新藤氏庭園
ページトップへ