後漢書「逸民列伝第七十三 向長」 ごかんじょ

 / 江戸 / 日本 

巻菱湖 (1777〜1843)
まきりょうこ
江戸時代後期

巻菱湖の草書の書。後漢書の逸民列伝第七十三 向長の一節を書いたもの。

後漢書とは、中国、後漢一代のことを記した紀伝体の歴史書。

関連リンク

後漢書「逸民列伝第七十三 向長」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

晋書列伝巻第五十一零巻
顔延之「五君詠五首 向常侍」
巻菱湖法帖「草書・岳陽楼記(冊子)」
巻菱湖 行草書
巻菱湖 43歳 隷書
ページトップへ