文化遺産オンライン

十字架を担うキリスト図銅版画入り聖牌

じゅうじかをになうきりすとずどうばんがいりせいはい

作品概要

十字架を担うキリスト図銅版画入り聖牌

じゅうじかをになうきりすとずどうばんがいりせいはい

銅版画 / 江戸

西洋製銅版画

16世紀後期〜17世紀前期

紙本銅版、飾り縁

縦3.9 横2.3

1個



来歴:福井地方某医家伝来→林若樹→池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:

茨の冠をつけられ、自らが架けられることになる十字架を担いでゴルゴダの丘に向かうイエス・キリストを描いています。西洋製銅版画に彩色が施され、本来はガラスもはめ込んで聖牌に仕立てられていました。

【南蛮美術】

十字架を担うキリスト図銅版画入り聖牌をもっと見る

西洋製銅版画をもっと見る

神戸市立博物館をもっと見る

キーワード

市立 / 南蛮 / 神戸 / 医家

関連作品

チェックした関連作品の検索