文化遺産オンライン

新吉原大門口中之町浮絵根元

しんよしわらおおもんぐちなかのちょううきえこんげん

作品概要

新吉原大門口中之町浮絵根元

しんよしわらおおもんぐちなかのちょううきえこんげん

絵画 / 江戸

奥村政信筆

江戸時代・18世紀

横大判 漆絵

1枚

吉原通いの道日本堤から衣紋坂と呼ばれる坂を下り吉原の入り口大門に至る。門を入った正面の道が仲の町、大きな店が、享保(1716~1736)頃に創業された茶屋山口屋と巴屋。吉原案内の入り口に当たる部分を遠近法を用いた1図の浮絵にまとめ手彩色を加えている。

新吉原大門口中之町浮絵根元をもっと見る

奥村政信筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

浮絵 / 吉原 / 政信 / 奥村

関連作品

チェックした関連作品の検索