Spindle-shaped Object

Details

Spindle-shaped Object

Archaeology / Europe

出土地:ロシア共和国サハリン州コルサコフスキー区ソロヴィエフカ村 南貝塚出土

Okhotsk period, 7th - 13th century

Antler

1個

シカ角をつかった中央に小孔をあけた円盤形角器である。外側縁に連続鋸歯文、その内側に3重の同心円をほどこす。側面には2条の溝をつける。裏面は自然のままである。 

Related Works

Search items related to work chosen