文化遺産オンライン

彫刻アル骨器

作品概要

彫刻アル骨器

考古資料 / ヨーロッパ

出土地:ロシア共和国サハリン州コルサコフスキー区ソロヴィエフカ村 南貝塚出土

オホーツク文化期時代・7~13c

イルカ類骨製

1個

イルカ類の骨をつかった骨器である。左右は鋸歯状になっており、上端には小孔をあける。表面には中央に華文状のモチーフを連続して施しており、その左右を鋸歯文でうめている。裏面は自然のままである。
(2004/09/01_h15)
(こっき、きょしじょう、しょうこう、かもん) 

彫刻アル骨器をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

関連作品

チェックした関連作品の検索