文化遺産オンライン

埴輪 短甲

はにわ たんこう

作品概要

埴輪 短甲

はにわ たんこう

考古資料 / 古墳 / 群馬県

出土地:群馬県藤岡市 白石稲荷山古墳出土

古墳時代・5世紀

土製

1個

古墳時代中期に特徴的な胴鎧+どうよろい+(短甲+たんこう+)を形象した埴輪です。三角形の地板をはじめ鉄板の形状、鉄板の端に巻いた覆輪+ふくりん+の様子や鉄板を綴じ合わせた革紐など、細かい特徴がよく表現されています。下部にはスカート状の防具である草摺+くさずり+を装着しています。

埴輪 短甲をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

古墳 / Fujioka / 藤岡 / Kofun

関連作品

チェックした関連作品の検索