短甲 たんこう

考古資料  金属製品類 / 古墳 / 日本  中部  愛知県 

古墳時代後期
鉄製 横板矧鋲留
前胴高35.0cm 後胴高45.0cm
1領
伝愛知県岡崎市内出土 
愛知県指定文化財

前胴は6段、後胴は7段の横長鉄板で構成され、後胴部の押付板上部周縁は、鉄板の折り返しによって縁金が付けられている。開閉部の右胴前の両端には、引合板が縦位置に留められている。古墳時代の短甲としては、最も一般的な横矧板鋲留[ヨコハギイタビョウドメ]で造られた、右前胴が開閉する型式の短甲である。

作品所在地の地図

関連リンク

短甲チェックした作品をもとに関連する作品を探す

馬場代2号墳出土品
東耕地3号墳出土品
横矧板鋲留短甲
埴輪 短甲の武人
溝口の塚古墳出土品
ページトップへ