横矧板鋲留短甲 よこはぎいたびょうどめたんこう

その他の画像全3枚中3枚表示

考古資料 / 古墳 / 熊本県 

出土地:熊本県和水町 江田船山古墳出土
古墳時代・5~6世紀
全高46.2
1個
国宝

短甲+たんこう+とは、胴周りを守るための武具です。本品は横長の鉄板を革紐で綴+と+じあわせて組み立てています。金色に輝く蝶番板+ちょうつがいいた+によって右前胴を開閉でき、身に着けることができました。ヤマト王権が製作して下賜した品だと考えられています。

作品所在地の地図

関連リンク

横矧板鋲留短甲チェックした作品をもとに関連する作品を探す

短甲
馬場代2号墳出土品
横矧板鋲留短甲
横矧板革綴短甲
金銅製冠帽
ページトップへ