横矧板鋲留短甲 よこはぎいたびょうどめたんこう

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 古墳 / 鹿児島県 

出土地:鹿児島県出水市 溝下古墳出土
古墳時代・5世紀
鉄製
1個

横長の帯金(おびがね)を鋲留めして構成された短甲。この型式の短甲は全国的に分布しますが、本品は、出土した古墳がマウンドを持つ古墳ではなく南九州独特の構造を持つ墓から出土した点に特徴があります。南九州の勢力が王権とのつながりを持っていたことを物語ります。

作品所在地の地図

関連リンク

横矧板鋲留短甲チェックした作品をもとに関連する作品を探す

横矧板鋲留短甲
短甲
三角板鋲留短甲
馬場代2号墳出土品
横矧板鋲留短甲
ページトップへ