巻菱湖法帖仕立「掃部頭鮎川君之碑」

Details

巻菱湖法帖仕立「掃部頭鮎川君之碑」

calligraphy / Edo / Japan

Maki Ryoko (1777~1843)

まきりょうこ

Edo

巻菱湖61歳の書。菱湖の師・亀田鵬斎の子の亀田綾瀬が文章を作り、菱湖が書いた石碑の拓本で、掲載品は法帖仕立になっている。

石碑は、新潟県胎内市新舘に建てられており、胎内市の文化財指定となっている。

Related Works

Search items related to work chosen