文化遺産オンライン

三角縁神獣鏡

さんかくぶちしんじゅうきょう

作品概要

三角縁神獣鏡

さんかくぶちしんじゅうきょう

考古資料 / 古墳 / 静岡県

出土地:静岡県菊川市 上平川大塚古墳出土

古墳時代・4世紀

青銅製

直径23.2

1面

鏡の縁が三角形の断面であり、神仙と霊獣を主文様とすることから、三角縁神獣鏡と呼ばれます。「天王日月」という銘の周囲には、朱雀+すざく+や青龍+せいりゅう+など霊獣が巡ります。中国大陸で培+つちか+われてきた天上の世界観を反映する図像をもつ銅鏡を、古墳時代の権力者は好んで所有しました。

三角縁神獣鏡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

古墳 / / 三角縁神獣鏡 / 神仙

関連作品

チェックした関連作品の検索