中村家住宅 なかむらけじゅうたく

その他の画像全6枚中6枚表示

城郭建築 / 江戸 / 近畿 

滋賀県
江戸時代後期~江戸時代末期/1751~1867
主屋 一棟
桁行22.8メートル、梁間7.7メートル、入母屋造、茅葺、正背面及び東面庇付、桟瓦葺、背面桁行6.2メートル、梁間3.8メートル角屋)附属、桟瓦葺、東面桁行3.8メートル、梁間7.0…
4棟
長浜市八木浜町809番地
滋賀県指定
指定年月日:20170323
有形文化財(建造物)

中村家住宅は、水路で囲われていた近世以来の広大な敷地や屋敷構えを構成する主要な建造物、馬の調教場跡などが良好に伝えられている。主屋は、県内では最大規模の余呉型民家であり、表門も規模が大きく風格がある。土蔵や馬屋も屋敷構えを構成する要素として重要である。主屋や表門をはじめ各建築の質も高く、また主屋は建築年代もほぼ明らかである。江戸時代後期から末期の、湖北地方の代官を務めた上層農家の住宅建築を伝える遺構として貴重である。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

中村家住宅チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中村家住宅(滋賀県長浜市八木浜町) 主屋
中村家住宅(滋賀県長浜市八木浜町) 馬屋
中村家住宅(滋賀県長浜市八木浜町) 表門
中村家住宅(滋賀県長浜市八木浜町) 土蔵
江藤家住宅(熊本県菊池郡大津町) 馬屋
ページトップへ