文化遺産オンライン

楓樹吟秋図巻

ふうじゅぎんしゅうずかん

作品概要

楓樹吟秋図巻

ふうじゅぎんしゅうずかん

絵画 / / 中国

張洽筆

制作地:中国

清時代・乾隆18年(1753)

紙本淡彩

32.2×86.2

1巻

銘文:楓樹吟秋圖 ; 己卯七月望前二日、青蒻古漁張洽作於緑雲書屋 ; 鈐印「張洽」 ; 古漁 ; 汪由敦 ; 銭載、銭大昕など五十五家 ; 鑑蔵印「霞渓學人」 ; 秀水金蘭波■■金石書畫 ; 會在林朗庵處 ; 朗盦七十以後所得 ; 寶宋室 ; 志超鑑賞 ; 定静堂収藏印 ; 志超鑑藏

張洽(ちょうこう)は字を月川、もしくは玉川、在陽、号を円光道士、青篛古漁といい、呉県(蘇州)の人。清朝の宮廷画家であった張宗蒼(ちょうそうそう)の一族という説もあり、呉派の文人画を継承する温雅な画風が特徴です。汪由敦(おうゆうとん)による題、銭載、銭大昕など清朝文人による華麗な跋(ばつ)が続きます。

楓樹吟秋図巻をもっと見る

張洽筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 静堂 / / 鈐印

関連作品

チェックした関連作品の検索