Letter

Details

Letter

calligraphy / Edo

By Tawaraya Sōtatsu (dates unknown)

Edo period, 17th century

Ink on paper

1幅

俵屋宗達が、醍醐の蒸笋(むしたけ)(筍を釜ゆでにして乾燥させたもの)を受け取った礼状。宗達の現存する自筆書状で、その筆致には光悦(こうえつ)流の影響が強くうかがえる。文書の中央に折り目があり、中表に縦に二つ折りして、奥から畳んで、宛所(あてどころ)と差し出し人の名を書いている。

Related Works

Search items related to work chosen