尾崎家住宅主屋 おざきけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 江戸 / 中部 

福井県
江戸/1751〜1830
木造平屋一部2階建、瓦葺、建築面積250㎡
1棟
福井県鯖江市寺中町21字下出11
登録年月日:20180327
登録有形文化財(建造物)

前広間型平面の近世民家で、広間には梁組を現すオウエを中心として両脇に突出部を付け、奥はもと二列六室で僧侶のための休息の間を備える。本座敷のみ長押を廻らし、他は差鴨居に付樋端と古式である。茅葺から瓦葺への変遷を示す痕跡を留めており貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

尾崎家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

尾崎家住宅表門
笠嶋家住宅主屋
小泉家住宅主屋
大橋家住宅主屋
旧木下家住宅(福井県勝山市北郷町) 主屋
ページトップへ