文化遺産オンライン

髙橋家住宅衣装蔵

たかはしけじゅうたくいしょうぐら

概要

髙橋家住宅衣装蔵

たかはしけじゅうたくいしょうぐら

住居建築 / 明治 / 関東 / 東京都

東京都

明治/1875

土蔵造2階建、金属板葺、建築面積25㎡

1棟

東京都西東京市下保谷三丁目862

登録年月日:20180327

登録有形文化財(建造物)

主屋の北に南面して建つ。桁行三間、梁間三間、土蔵造二階建で、切妻造の置屋根形式。外壁は漆喰塗で昭和の改修で腰部を人造石洗出し仕上げとする。東南面の扉口と窓の観音扉は黒漆喰を施し、水切と鉢巻を廻らす丁寧な造りで、敷地の歴史的景観を形成する。

髙橋家住宅衣装蔵をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

土蔵 / / 置屋 /

関連作品

チェックした関連作品の検索