文化遺産オンライン

聖母子像

せいぼしぞう

作品概要

聖母子像

せいぼしぞう

彫刻 / ヨーロッパ

制作地:ヨーロッパ

16~17世紀

銅板油絵

額縁共長17.3×幅13.9

1面

重要文化財

片腕に幼子イエスを抱いた聖母の姿はイコンに描かれる聖母子像でもっともポピュラーな構図である。原図はローマのサンタ・マリア・マジョーレ聖堂の聖母子像だとされる。かすかに残るイエスの手の形に最も古い表現が認められる。

聖母子像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

聖母 / せいぼ / Europe / 聖母子

関連作品

チェックした関連作品の検索