文化遺産オンライン

月に虎

作品概要

月に虎

絵画 / 江戸

渓斎英泉筆

江戸時代・19世紀

大短冊判 錦絵

1枚

虎は夜行性で月とともに描かれることが多い。北宋の詩の中にある「猛虎一声山月高」の一句が名高く、このイメージをもとに作られたと思われる作品が多い。本図は、満月の下、水を飲みに現れた虎を描く。岩の描法など狩野派にならって描かれている。

月に虎をもっと見る

渓斎英泉筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 描く / /

関連作品

チェックした関連作品の検索